三重県多気郡明和町にある 明和町ふるさと会館(町立図書館・町立歴史民俗資料館) のホームページです

RSS

安養寺跡を探る

カテゴリ : ■きょうのふるさと会館
今、ふるさと会館特別展示場では、今から750年ほど前、現在の済生会病院にあった
「安養寺」という大伽藍を擁した名刹の発掘調査の展示会を開催しています。

8月1日には、明和町斎宮跡・文化観光課の味噌井さんによる展示説明会が開催され、55人の方にご参加いただきました。

京都東寺9世の僧癡兀大恵(ちこつだいえ)の開山による100間四方という広大な境内を有する寺院の7次わたる発掘調査の貴重な資料を見ることができます。
みなさん、どうぞご来館いただき、ふるさとが誇る寺があったことをお確かめください。

     
         


2015-08-07 18:17:11

浴衣の日

カテゴリ : ■きょうのふるさと会館
7月26日は、「夕涼みおはなし会」
この日、スタッフは浴衣姿で仕事です。
なれない浴衣に帯がきつくて苦しいといっていましたが
なかなかのお似合いでした。
連日の猛暑ですが、さわやかな風が吹き込んだ図書館の1日でした。





2012-07-28 12:31:46

としょかん三行詩<子どもの部>入賞作品

カテゴリ : ■きょうのふるさと会館

先日、<一般の部>の入賞作品をご紹介いたしましたが、
今日は<子どもの部>の入賞作品です。
図書館スタッフからのコメント(…つぶやき?)も一緒にどうぞ。

---------------------------------------------------------------------

★第2回 としょかん三行詩入賞作品<子どもの部>★

図書館で読みたい本をさがしていたら 笑顔でやさしく教えてくれた 
ぼくも笑顔でありがとう

   スタッフとしては本当にうれしい詩です。
   本だけじゃない人との出会いが図書館にはあるんです。

 

一かいめきたときは はやくかえりたかったけど ずっとふるさと会館にいたら

かえろと言われても かえりたくないと 言いたくなりました

   いいよ、いいよ 閉館まで時間はたっぷりあるよ。この詩もうれしい詩です。

 

本のラベル 数字がついていて 住所みたい

   学校で図書館の利用の仕方を教えてもらいます。
   この子は先生の説明に共感できたんでしょうね。つぶやきがとてもいい詩なりました。
   先生、上手に教えていただきました。

 

となりに本がある 本があって 笑顔があって おちつけて これぞ幸せ

   本には人を幸せにする三要素があるんです。

 

本ってステキ 本ってまほう 読み終わったら やさしい気持ちに なっている

   読書には人を変える力がある。だから「まほう」なのです。すばらしい体験!

 

おかあさんの よるの本よみ せかい一

   大人の部のおやすみ前の読み聞かせを詠んだ詩と一緒に読んでみてください。
   とてもいい風景が見えてきませんか?

   上の詩の作者とは姉妹です。

 

またきます いつでも行ける としょかんに

   またきます! 元気な声が図書館を元気にしてくれます。

 

奥の椅子 居眠りおじさん 占領中

   こういう詩、いいなー。 居眠りおじさん、子ども達はちゃんと観ていますよ。

---------------------------------------------------------------------

いかがでしたか?
すてきな三行詩ばかりで、図書館スタッフもとても元気をもらいました。

たくさんのご参加、ありがとうございました!

これからも、ふるさと会館ではいろいろなイベントをしていきたいと考えています。
みなさまのご参加、お待ちしております!
2011-02-16 09:33:30

としょかん三行詩<一般の部>入賞作品&表彰式

カテゴリ : ■きょうのふるさと会館

たくさんの方にご応募いただいた「としょかん三行詩」。
入賞された方への表彰式を行いました。
おめでとうございます!!
表彰状をもらってニッコリ。

ここで、<一般の部>の入賞作品をご紹介いたします。
図書館スタッフからのコメント(…つぶやき?)も一緒にどうぞ。

---------------------------------------------------------------------

★第2回 としょかん三行詩入賞作品<一般の部>★

母となり 本の楽しさ 再確認

   あたらしいかたちの読書の時間ができたんですよね。本は人生の中に生きている。

 

読書は人生の羅針盤 すてきな航海 続けたい

   まさしく 読書はよりよい人生へと、人を導いていてくれます。

 

静かなる 空気に触れて読む本の 書籍を選びて 増えゆく知識

   上の詩とあわせて読んでください。知識は人生の羅針盤ともなります。

 

図書館へ 早く行きたいと せがむ孫三人

   図書館で読み聞かせをしてみえました。お孫さんすくすくと成長されることでしょう。

 

おやすみ前の読み聞かせ 子どもたちへのプレゼント

   子供の部にある二人姉妹のおかあさんです。
   いい風景が目に浮かびます。本の居場所が暮らしの中にあります。

 

風薫る 母と子集い 紙芝居

   子どもが紙芝居の世界に没頭している。後ろでお母さんも聴いている。
   紙芝居を通して親子が共有する時間は家に帰ってからもあるんですよね。

 

五冊借り 読破するのは 薄い本

   ほっとするようなユーモアのある詩。
   気楽に行こうぜ人生は!そういっているような声が聞こえてきます


---------------------------------------------------------------------
<子どもの部>入賞作品は後日掲載します。
みなさん、お楽しみに!
2011-02-10 12:10:35

明和町立図書館OPAC
  三重県内の図書館の
  ↓ 本をさがす ↓
三重県内横断検索
お知らせ
おはなし会
ワークショップ 新着図書検索
新着図書案内
 一般書 / じどうしょ
 (PDFで開きます)
★バックナンバーはコチラ